田村はり治療院

やさしいはり・きゅう治療
トップページ > ご予約・料金

ご予約・料金

ご予約

電話とインターネット、両方からご予約出来ます。どうぞお気軽にご予約ください。

※ 当日のご予約は、必ずお電話でお願いいたします。

※ 帝京平成大学「労働生産性の向上を目的とした鍼治療プログラムの効果検証」の研究対象者の方はその旨お伝えください。

新型コロナウイルス感染拡大防止のお願い

下記のいずれかに該当する方(同居者含む)は、施術をお引き受けできません。

まずは、かかりつけ医や『受診・相談センター』にご相談いただき、施術可能の判断を頂いてからご連絡ください。
※ 板橋区在住の方は、板橋区サイト『新型コロナウイルス受診相談窓口』を参考にご相談ください。

  • 発熱
  • 風邪症状(頭痛・のどの痛み・せき・鼻水・くしゃみ・下痢)
  • だるさ・全身の筋肉痛
  • 呼吸が苦しい
  • 急に味や臭いが判らなくなった
  • 過去14日以内に、新型コロナウイルスに感染した方や疑いのある方と接触した
  • 過去14日以内に、海外から帰国した

詳細は、当院の新型コロナウイルスの対応についてのページをご覧ください。

本来、風邪症状に鍼灸は効果的に活用いただけます。ただ、現在は新型コロナウイルスの感染拡大防止を求められている状況です。ご理解とご協力をいただけますようお願いいたします。

治療時間・休診日

治療時間

午前 : 9:30〜12:00
午後 : 14:00〜20:00

※ 予約制です。

1回の治療に掛かる時間
はり・きゅう
通常治療…45分前後
部分治療20分前後
※ 初診時には特に細かく問診しますので、30分程度長めにみてください。
はり・きゅう+フィジカルケア
70〜80分

休診日

水曜日・日曜日・祝日

予約方法

電話

下記電話番号へお電話下さい。

  • 03-6795-4189

インターネット(ご希望日の2日前まで)

下記ご予約フォーム、LINE公式アカウントでご予約承ります(24時間以内にお返事いたします。連絡がない場合はお手数ですがお電話にてご連絡ください)。

友だち追加

予診票ご記入のお願い

初診の方、再来院で前回から6か月以上経った方は予診票のご記入をお願いいたします。

感染拡大防止の面から、できるだけ来院前の予診票ご記入をお願いします(来院時のご記入にも対応します)。
記入方法は、インターネットと印刷がお選びいただけます。

インターネットで記入

印刷して記入

下記より予診票(PDFファイル)をダウンロードいただき、印刷・ご記入の上ご持参ください。

料金

各料金

金額は消費税10%込みです。

初診料

3,300円

再診料

2,200円  ※ 6ヶ月以上開いての再来院時

施術料

はり・きゅう 通常治療
6,600円
はり・きゅう 部分治療
3,850円 ※ 20分程
フィジカルケア

はり・きゅう治療と併せて「身体を動かす」ことで、更に効果的な全身治療になります。特にリハビリや健康維持におすすめです。

詳しくはフィジカルケアのページをご覧ください。

3,300円
養生割引

予防や慢性症状には定期的な治療が効果的です。ケアをサポートさせていただきます。

前回から7日以内は、施術料1,100円引(通常治療のみ)
集中治療割引

状態が悪くなった時、回復期には、治療頻度を増やすのが効果的です。
より効果的な治療を受けやすくなるよう、集中治療期のサポートをさせていただきます。

前回から3日以内は、施術料2,200円引(通常治療のみ)

出張料・ご紹介

出張料
6,600円〜
ご紹介
ご紹介の際は、初診料1,100円引になります。

文書料

2,200円〜

お支払い方法

下記の支払い方法をご利用いただけます。

クレジットカード

VISA、mastercard、JCB、JCB PREMO、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、DISCOVER

スマートフォン決済

PayPay

PayPay

養生割引・集中治療割引

「予防」「まめなケア」をサポートします!

養生割引
予防や慢性症状には定期的な治療が効果的です。ケアをサポートさせていただきます。
(前回の治療日から7日以内は、施術料から1,100円引かせていただきます)
集中治療割引
状態が悪くなった時、回復期には、治療頻度を増やすのが効果的です。
より効果的な治療を受けやすくなるよう、集中治療期のサポートをさせていただきます。
(前回の治療日から3日以内は、施術料から2,200円引かせていただきます)

その他

医療費控除

医療の国家資格ですので、はり、きゅう、あん摩マッサージ指圧の治療費は医療費控除に使えます。
医療費控除にご利用の方は、領収証を発行しますのでお知らせください。(再発行不可)

注)クレジットカード、電子マネーでのお支払い分は、当院から領収証を発行できません。それぞれの支払い証明は下記のようになります。

クレジットカード
決済端末発行レシート(お客様控え)と、クレジットカード会社からの明細
電子マネー
取引履歴(スマートフォン等の電子マネーアプリ内にあります。必ず保管してください。)

※ 現在、税務署では領収書の受け取りは行っておらず、下記「医療費控除明細書」での提出になっています。

※ 医療費控除の詳細は、下記国税庁サイトをご覧ください。