田村はり治療院

治療とともに地域の一員として皆様のくらしに貢献する活動をしています。

ノルディックウォーク

ノルディックウォークとは

ノルディックウォークとはどんなものでょう?
メディアにも取り上げられていて、名前は見聞きしたことがある人もいると思います。

始まり

北欧でクロスカントリースキーのオフシーズントレーニングとして行われていたそうです。
1997年フィンランドでノルディックウォークは最も簡単で運動効率が高い全身運動と発表され、同年、フィンランドからスポーツ医科学者が来日し国内でも普及してきました。

特徴

2本のポールを使い歩行するのですが、特徴を大まかにまとめると下記のようになります。

◎全身運動◎

  • 全身の筋肉の約90%を使う(通常歩行では約55%)
  • 通常歩行に比べ、エネルギー消費が約20%上がる(ポールのつき方により、10%程度から70%程まで幅広いそうです)
  • 同じペースの歩行より心拍数が約6%上がり、酸素摂取量は20%上がる

◎誰でもできる◎ ポールのつき方によって幅広い対応ができます!

子供の歩育に!
成長期の「歩き」は後々の健康財産になります。運動不足や苦手な子でも、足趾を始め全身の運動ができます。
歩行が不安定な方は、リハビリや高齢者に!
両手のポールにより体重を支える面が広がり、転倒しにくい状態で歩行できます。
健康のために
定期的な有酸素運動で、循環系と代謝系の働きを高め、糖尿病や心臓病などの動脈硬化性疾患の予防に役立ちます。また、大腸癌や乳癌などを予防するとの報告もあります。
ダイエットに!
ほぼ全身の筋肉を使うので、同じペースの通常歩行よりもエネルギーを多く消費します。
トレーニングに!
始まりはクロスカントリースキーのトレーニングでした。アスリートのトレーニングにも適してますね!
コンディショニングに!
両手でポールを使って歩くことで、自然と姿勢が整います。スポーツ選手の全身バランスを整えることにも適しています。
認知症の予防に!
身体を動かしつつ思考(考える・計算する)することが認知症予防になると期待されています。ポールを使った「運動と思考を同時に」行うレクリエーションもあります。老若男女問わず、身体と頭を使って認知機能低下を防ぎましょう!

ノルディックウォークの2つのスタイル

ヨーロピアンスタイル(アグレッシブ)

ポールを身体の後につき押し出すことで推進力が増す「スポーティ」スタイルです。全身トレーニングにおすすめです。

使うポールは、斜め後方へ押すのに適した、手をポールから離せるストラップ、斜めカットのゴムになっています。



ジャパニーズスタイル(ディフェンシブ)

ポールを身体の前につく「抜群の安定」スタイルです。転倒しずらく、リハビリや運動不足解消など全ての方におすすめです。

使うポールは、前方に垂直に付くのに適した、手首を痛めないように角度の付いたグリップ、握らなくてもポールコントロールし易いストラップ、丸いゴムになっています。



やってみよう!

当院のイベント

都内のイベント

一般社団法人 全日本ノルディック・ウォーク連盟
公認指導員NO. NW13-13-4886 田村憲彦

ノルディックウォーク