田村はり治療院

治療とともに地域の一員として皆様のくらしに貢献する活動をしています。

院長紹介

院長紹介

どんな人なの?

tamura_n
田村 憲彦(たむら のりひこ)
1972年生まれ

はり師
きゅう師
あん摩マッサージ指圧師

 

 

(公社)全日本鍼灸学会認定取得(第660号)
(公社)日本鍼灸師会鍼灸臨床研修修了
平成29年度第3回あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師臨床実習指導者講習修了
(地独)東京都健康長寿医療センター 介護予防主任運動指導員登録
(一社)全日本ノルディックウォーク連盟 公認指導員
認知症サポーターキャラバン・メイト
健康経営アドバイザー(初級)
カワウソマイスター(いきものAZ)

所属学会

  • (公社)全日本鍼灸学会会員、諮問委員、関東支部学術委員(会計担当)、書記(総会、理事会等)
  • 鍼灸学会TOKYO会員
  • 日本生活支援工学会会員

所属団体

  • (公社)日本鍼灸師会会員 元国際部員、元広報部員、前代議員
  • (公社)東京都鍼灸師会 板橋支部副支部長、療養費指導支援委員会委員、元青年部執行部員、元書記(総会)
  • いたばし鍼灸マッサージ推進機構 代表
  • 板橋区鍼灸師会 副会長、広報部長
  • 板橋区三療師連合会 理事、事業部長

学歴

東京電機大学高等学校 電子科卒
東京電機大学 工学部二部電子工学科卒
(学)花田学園 日本鍼灸理療専門学校 本科卒

趣味

身近な風景・花や動物の写真を撮るのが好きです。最近は、コツメカワウソに首ったけ。サンシャイン水族館や動物園の年間パスポート会員にもなって楽しんでいます♪

また、患者さん手作りの無農薬有機野菜を頂いてから、区民農園を借りて3年間ですが自分でも野菜作りにチャレンジしてみました!失敗も沢山ありましたが、これがなかなか美味しい野菜たちが出来てくれて感動でした(^^)
また挑戦してみたいですね!

好きなこと

身体を動かすことが好きで、学生時代には、水泳・陸上競技・少林寺拳法・気功などいろいろやっていました。高校時代に足首の靱帯を完全断裂して以来、脱臼を繰り替えし走るどころではありませんでしたが、リハビリで靴・中敷きや歩き方のご指導を頂き、ノルディックウォークを始めて軽いジョギングが出来るまでになりました。足を気にせず公園や荒川土手を歩いて四季折々の自然を楽しんでます。

ひとこと

大学時代に交通事故から酷く身体を壊し「健康の大切さ」を痛感しました。
肉体労働からデスクワークまでの様々な仕事や運動の経験を活かし、そして、常に勉強し続けて、皆さんが永く健康で暮らせるお手伝いをさせて頂きます!

その他(活動など)

治療院

2002年〜開業 地域包括支援センター、居宅支援事業所、在宅医、訪問看護師などと連携しながら往診開始
2004〜2006年 当院と併行して、越石鍼灸院、桜台リハビリデイサービス(機能訓練指導員)勤務
2008年〜 在宅難病患者訪問診療チームにてパーキンソン患者を担当(担当者会議、ケース検討会参加)
2012年 倉敷芸術科学大学 生命科学部健康医療学科 にて特別授業(皮内鍼実技講習)担当
2014年 BNI SUN+チャプター(ビジネスミーティング朝食会)参加
2017年 板橋区赤塚地区ネットワーク会議参加(地域ケア会議)

受託事業

2012年〜 板橋区介護認定審査会委員(2015年〜副合議体長、2017年〜合議体長)

組織(職能団体)

2002年 (社)東京都鍼灸師会 青年部 フリートーク「開業」パネリスト
2010年 WFAS2010 US(世界鍼灸学会連合会サンフランシスコ大会) 学術大会参加:(社)日本鍼灸師会国際部員として派遣
2011年 (社)日本鍼灸師会全国大会にて国際部セッション担当
2011、2012年 (社)全日本鍼灸学会学術大会にて(社)東京都鍼灸師会保険部として「当会における療養費の疾患別取扱件数の調査」をポスター発表
2014年〜 (公社)日本鍼灸師会主催「介護予防運動指導員養成講座」講師開始
2015年 (公社)日本鍼灸師会全国大会にて症例発表「短期間で軽快した頸椎症性神経根症」
2016年 いたばし鍼灸マッサージ推進機構設立、代表を拝命(治療とともに地域資源としても社会貢献できるあはき師をめざす組織)
2017年 認知症サポーター養成講座開催開始
2018年 (一社)東京都中小企業診断士協会城北支部健康経営研究会にて講師担当「健康経営とノルディックウォーク」

組織(学術団体)

2010年 社会鍼灸学研究会参加開始
2015年 (公社)全日本鍼灸学会関東支部学術集会「軟部組織の障害、その原因と鍼灸の最前線 」:大会事務局長
2016年 (公社)全日本鍼灸学会関東支部学術集会「介護予防と鍼灸」(後援:板橋区):大会実行委員長、シンポジウム座長
2017年 (公社)全日本鍼灸学会学術大会東京大会(東京大学本郷キャンパス):実行委員
2017年 (公社)全日本鍼灸学会関東支部学術集会「メンタルストレスと鍼灸」:シンポジウム座長
2017年 日本生活支援工学会「超高齢社会における生活支援のための研究会」参加開始

ボランティア

2003〜2009年 荒川マラソン「はり・マッサージ」ボランティア参加(板橋区三療師連合会)
2014年 第63回 国民体育大会スポーツ祭(ソフトテニス)「はりケア」ボランティア参加((公社)東京都鍼灸師会))
2016年 東京マラソン「ランツボ・はりケアステーション」ボランティア参加((公社)東京都鍼灸師会))

執筆

(社)発明学会 「発明ライフ」コラム“健康に役立つ発明“(2007年2~7月号に連載)
(財)日本公衆衛生協会 「公衆衛生情報」リレーエッセイ「ひゅーまんさーびすのカタチ」“ご存知ですか?介護予防に関わる鍼灸師”(2007年12月掲載)
(公社)日本鍼灸師会 一般向け隔月発刊誌「けんこう定期便」No.1〜8 国際部コラム(海外情報コラム)を担当

院長紹介